1. HOME
  2. ブログ
  3. 選ばない理由

選ばない理由

公開日 : 2020年2月7日のブログです。

皆さまこんにちは。

ピアノ教室だけでなく、何かを探していて、選択、決定する時って、「これだ!」とビビッときて即決というのは稀で、大抵は比較検討して決めますよね。

だから、ビビッと即決以外は、選ぶ理由より「選ばない理由」があるかないか、が分かれ道かも、と思います。

選んだものは「選ばない理由がなかった」ということか・・・

ピアノ教室のホームページも、できれば「選んで」頂ければ、と、こうして出しているわけですが、その人にとっての「選ばない理由」が逆に、見つかっていくかもしれませんね。

でも、それでいいんだと思います・・・

・・・私が自分自身のことを中心にブログに綴る理由は、結局は、わたしという人間の感じ方、音楽への向き合い方、ピアノへの姿勢を知ってもらうのが一番だと思うからです。また、生徒さんは、驚くほど人によって違いがあり、その人へのレッスンは、その人に対してしかできないものであり、唯一無二のものだから、私にとっては、レッスンの詳しい様子などは、今のところは、外に説明できない(する必要がない)と感じるからです。(もしかしたら、今後考えが変わることもあるかもしれませんが・・・先のことはわかりません。)

何のために、あきらめず演奏法を学んでいるかというと、より自由に、常に良くなっていけるありかたを、生徒さんたちにお伝えしていきたいからです。自分にできないことを人に伝えるのは不可能です。「楽しい」と「素晴らしい演奏」が、両立するのだということを、多くの方に知っていただくことが、今の夢です。

なんとなくですが、ピアノのおけいこの「楽しい」は、気楽でまあ適当、「素晴らしい」は、才能ある人が大変な練習を重ねて手にする、それぞれ「別物」的なイメージがあるのは、気のせいでしょうか。そういう面が全然ないとは言えないけれども、「楽しい」の中に、「より素晴らしい音を出す喜び」を入れるのは、学び方次第で可能だと思います。そこがあれば、どんなにやさしい曲を弾いてもクオリティーがあがります。簡単な曲を本格的に聴かせられる。わたしは、これって、とんでもなく楽しいことに思うのですが・・・・。

コンクールで賞をとることに価値を置くでもなく、「なんとなく楽しければいい」と、本物を追求することを放棄するでもなくいきたい・・・・

一番言いたいことは、なかなかうまく言葉にできませんね・・・

体験レッスン、ご相談お受けしております。お気軽にどうぞ!