1. HOME
  2. ブログ
  3. ノクターンが楽しい

ノクターンが楽しい

2020年4月30日公開のブログです。

皆さまこんにちは。

ようやく、ショパンのノクターン、バッハのフランス組曲などをいくつか、ゆっくりゆっくり、練習できるようになりました。

これまでも、何度かやろうとしましたが、簡単に言うと、思うような音があまりにも出せなくて、挫折というか、後回しにしていました。本当は、奏法の最初から、このような曲で学んだらいいというアドバイスは、先生から頂いていたのですが、なんだか、できませんでした。

でも、とうとう取り組んでみて、やめられなくなりました。

よほどとんちんかんなことをしない限り、これまでの学びを信じて練習していけば、進歩がかなうと思っています。

・・・まあまあ良い音かな、と思って次の音に行った瞬間、その動きがなめらかでなく、響きはあまり良くないのではないか、とか、ワンパターンな響きだからこれ以上弾き進める前に、ここの動きを考えてみようとか、身体の感覚は、これではきっと違うな、とか、あるいは、深く意識しすぎず、もっと耳を開いてみようとか、・・・・たくさんたくさん考えて、これまで先生に言われたことをひとつひとつ思い出して、先生の様子を思い出して、ゆっくりゆっくり練習しています。この、ゆっくりゆっくり、の意味が、とうとう私にも理解できてきたのだな、と、顔がほころびます。自分のペースでいい。そう思っています。

ゆっくり練習しろ、とは、誰でも言いますが、「何を何のためにどうゆっくりするのか」、に、相当違いがあると思います。

音を聴くポイントも違う。自分はまだまだだと、自分の耳を疑いながら練習することは、ついこの間までは、なかなかできませんでした。でも今は、自分を疑うことが苦痛ではなくなり、同時に、本当の意味のゆっくり練習がやれるようになってきた気がします。

音符を指で並べて、強弱と歌いまわしで、ざっくりと音楽の気分に浸っていたのが過去だとして、今は、ピアノという楽器の性質と向き合い、自分ではなく楽器を歌わせるのが、本当の理想の演奏だということを学んでいます。

正しいことを継続すること。成果をあせらないこと。そして、自分のその時の感覚を無視せず、無理にしようとはしないこと。

成果が出た状態を、自分が想像できるレベルでイメージすること・・・・大切です!