1. HOME
  2. ブログ
  3. 楽器とのやりとり

楽器とのやりとり

2020年5月10日公開のブログです。

皆さまこんにちは。

我ながら、「今さらそこか!」と自分に突っ込みたくなりますが、さっき練習していてすごく感じたので、記しておこうと思います。

ピアノだけに限ったことではないけれど、楽器というものは、人間に操作してもらって初めてその声を出せる。楽器に触れると、戻ってくる反応が必ずある。それは、鍵盤の手応えだったり響きだったり。奏者と楽器とのやりとりが正しくなされていると、全体に大きな循環みたいなものがちゃんとできて、楽器と一体になった感覚があって、出てくる音楽は自然なものとなり、「演奏者の存在」を感じさせないものになるんだろうなあと想像できました。

・・・・ショパンのエチュードは、自分にとってバロメーターなので、色々練習しますが、昔は、そもそも弾ける曲が限られていて、避けていた曲のほうがずっと多かった。試しに挑戦しても、弾いていて具合悪くなる(難しい、どうせ無理、みたいな)感覚でした。それは、弾き方が悪く、言ってしまえば「一方的に楽器をねじふせようとしていた」からではないかと思うのです。

制覇、という言葉がありますよね。まさに、楽器を制覇する感じ・・・そんなつもりはなくても、そうなっていることってあるんじゃないか。

今は、いろいろなエチュードを取り出して練習することになんのストレスもなくなりました。ご指導頂いてきたことへの感謝でいっぱいです。おかげさまで、練習の目的もはっきりしてきました。

楽器の声を身体と耳でちゃんと聞く。一方的ではどうしようもないですね。

目指しましょう!